若者の採用&定着←解決MAP

コロナ禍で空前の「売り手市場」は終焉を迎えつつあるものの、若者人口減に変わりなく(辞めてほしくない)若者ほど、(テレワークを利用して)転職活動にいそしみ、会社を辞めてしまったというケースも見られます。つまり「いい若者」はいつでも「売り手市場」、経営者や人事、マネージャーにとって「若くていい人いない?」という渇望感は変わりません。

一方、「近頃の若者は…」と嘆く上司の声は、古今東西同じもの。さらに最近の若者(ミレニアルズ)は「人種が違う」とまで言われており、コミュニケーションをとることすら(辞めたりパワハラと言われるのが怖くて)難しいと感じる上司世代の方もいるようです。

そこで、若者の採用と定着に関し、どんな課題あり、どんな解決方法をとるべきかを図示(地図化)したのが下図です。

「若者が辞める」という悩みや「若者がほしい」という願望からスタートしています。各々の解決法については、個別の記事にて紹介していきます。